モニタリング活動の結果が出ました

  • 2013.01.05 Saturday
  • 15:05
「モニタリング活動」とは、「グループホームの運営や現場での取り組みに人権尊重の姿勢を導入し、障がいがある方々の充実した暮らしを保障するために、第三者によるサービスの点検活動を行う」というものです。
23年度モデル事業で24年度本格実施となったため、早速私どものホーム運営をみてもらおうと手を挙げたのでした。
昨年10月にモニタリング活動実施主体である団体の中から、社会福祉法人、親の会等の代表の方々が来られて、利用者の皆さんと面談したり、一緒に食事したりしながら、私どもの実態をみてくれました。

年末にその結果が送られてきました。
私たちの法人の存在意義や運営方針をとてもよく理解してくださり、「必要に応じた支援」をしている、不祥事の要因排除に細心の注意を払っている、利用者とスタッフの会話から良質な支援や信頼関係ができていることがわかる等(書ききれない!)と高く評価していただきました。

この間の苦労が実になったようで、本当にうれしかったです。

これを糧にさらなる支援の充実につとめたいと思っています。(石上恵子)
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック